スクリーンショット 2016-01-04 21.49.32

【Swift】CarthageでAlamofireを入れてみる

LINEで送る
Pocket

Swift始めました。
とうとう、手を出したいと思いつつ、出来なかったSwiftに手を出しました。


ということで、早速始めましょう。
今回は、Carthageの導入方法についてです。

Carthageとは


https://github.com/Carthage/Carthage

cocoaでのライブラリ管理ツールと言えば、
cocoapodsが有名ですが新たな観点から作成されたライブラリ管理ツールがCarthageです。
Carthageはカルタゴと読むらしいです。

何が違うのか?


xcworkspaceが生成されない


ここが大きいと思います。
cocoapodsはワークスペースを直接いじることにより設定していましたが
Carthageは.frameworkを生成することにより、
各々の.frameworkが独立した存在になります。

github以外にホスティングされているライブラリも使用可能


後に書くCarthageファイルにgitと書けばgithub以外にホスティングされている
gitレポジトリからも持ってくることが出来ます。
自社でgitサーバを持っているチームでも使えますね。

注意


早速注意点なのですが、iOS8以降またはOS Xのみ対応です。
dynamic frameworkに対応するためです。

この辺はアプリのAnalyticsとかでiOS 7以前を切れるかを確認してみてください。

インストール


3通りあります。
1. pkgからのインストール
2. brewからのインストール
3. ソースからのインストール

インストールが終わればcarthageコマンドが使えるようになります。

1. pkgからのインストール


スクリーンショット_2016-01-04_21_02_18



あとは、いつもの通りです。

2. brewからのインストール


3. ソースからのインストール


最新のソースコードから試したい場合はこちらの方法ですが、自己責任で。


ライブラリのインストール方法


以下の流れで追加されます。

1. Cartfileファイルの作成、編集
2. Carthageコマンドの実行(ライブラリのクローン、依存関係の解決、.frameworkの生成)
3. 生成された.frameworkをprojectに追加

1. Cartfileの作成


出来たCartfileを編集します。
今回はAlamofireを追加します。
https://github.com/Alamofire/Alamofire

※AlamofireはSwiftで実装されたHTTPネットワーキングライブラリです。

およそこのような形になると思います。


※コメントも#を先頭に置けば付記出来ます。


2. Carthageコマンドの実行


プラットフォームを指定したい場合は以下のように–platformオプションも付与できます。


上手くいけば
・Cartfile.resolved
・Carthage/Build
 - .framework, .framework.dSYMなどのファイル

・Carthage/Checkouts
 - 対象レポジトリ

が生成されていると思います。

生成された.frameworkをprojectに追加


スクリーンショット_2016-01-04_21_31_51


xcodeprojのGeneralタブに[Linked Frameworks and Libraries]があるのでここに追加します。

+ボタンを押して追加しても良いですし、ここに生成された.frameworkを追加しても良いと思います。

Run Scriptの追加


スクリーンショット_2016-01-04_21_37_36


そうするとRun Scriptというプルダウンが出来ると思うのでそこにある黒い場所に


を追加し、Input Filesを追加し、.frameworkのパスを記してあげます。

スクリーンショット_2016-01-04_21_39_25


以上!


ここまで上手くいけば


で使えるようになっていると思います。

誰かのお役に立てば。

LINEで送る
Pocket

Dalt

translimit, Inc. Application Engineer. Twitter: @daiki1003 Facebok: Daiki Asahi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です