【Flutter x GitHub】Flutterコードのdiffを100倍見やすくするたった3秒で出来る設定を紹介!

Dart

概要

どうも、@daiki1003です!

これを…

こうしたいと言う方は是非続きを読んでみてください!

概要

複数人で開発をしていると、他人の書いたコードをGitHub上で
確認すると言うことはかなり多いと思います。

そんな中で、Flutterで書いたコードレビューをする際に
実際に何が変わったのか確認しづらいと思ったことはありませんか?

ちょうど冒頭でお見せした最初のスクショの様に…。

FlutterはWigetの親子関係を擬似的にインデントで表現している様な
形なので、一つWidgetを削除するだけでインデントがずれGit(Hub)ではそれが全て
diffとなって表示されてしまうわけです。

FlutterコードをGitHub上でレビューするための神設定はこちら!

では、どうやってこれを見やすくするのか?

1. Pull requestsの[Files Changed]タブを開く

2. 歯車を選択

3. Hide whitespace changesのチェックを選択し、Apply and reloadをクリック

すると、冒頭の2枚目のスクショの様にシンプルになります!

誰かのお役に立てば。

Twitterフォローお願いします

「次回以降も記事を読んでみたい!」
「この辺分からなかったから質問したい!」

そんな時は、是非@daiki1003のフォローお願いします♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました