【Flutter x Gitクライアント】Flutterコードのdiffを100倍見やすくするたった3秒で出来る設定を紹介!

Dart

概要

どうも、@daiki1003です!

前回、書いた

【Flutter x GitHub】Flutterコードのdiffを100倍見やすくするたった3秒で出来る設定を紹介!
GitHub上でFlutterのdiffが見辛くて困った経験はありませんか? この記事では、そんなときにdiffをかなりみやすくする設定を公開しています。 是非読んでみてくださいね!

が割と反響あったので、それのGitクライアントバージョンを記したいと思います。

割と有名なGitクライアントは網羅したつもりですがリクエストあればお受けします!

Fork

筆者が今現在愛用しているGitクライアントです。

前回、軽い気持ちでTwitterでおすすめしたら割とこれも反響あってびっくりしました。

さて、Forkでの設定方法は以下です。

・Changesタブを開く

・whitespaceアイコンを選択

SourceTree

JiraやConfluenceで有名なatlassian社が提供しているGitクライアントです。

以前はこれをヘビーユースしていたのですが、何百と言ったコミットを遡りたい時の動作がかなり重かったり
割と不便なことがあったので前述したForkに乗り換えました。

SourceTreeでの設定方法は以下です。

・「歯車」アイコンをタップし、「空白文字を無視」にチェック

GitKraken

割と、一定のファンを持つGitKraken。
前職の同僚に勧められたものの、Forkが良すぎたのもあり、あまり好きにはなれずに僕はそれ以来使えてません。。。

GitKrakenでの設定方法は以下です。

・変更内容を表示する画面にて、画面右上の「Ignore white space」ボタンを有効化

Github Desktop

Githubを使っている方はこちらを使っている方も多いのでしょうか。
正直、Forkが良すぎて使ったことないのですが何か利点があれば教えていただけると嬉しいです笑

Github Desktopによる設定方法は以下です。

・画面上部にある「Hide whitespace」にチェック

誰かのお役に立てば。

Twitterフォローお願いします

「次回以降も記事を読んでみたい!」
「この辺分からなかったから質問したい!」

そんな時は、是非@daiki1003のフォローお願いします♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました