超便利!Sublime Textのsublコマンドを有効にする

Mac

概要

今やエンジニアの中では言わずとも知れたSublime Text。


「Sublime Textをインストールしたけど、subコマンドが使えない…。」

そんな、お悩みに応えられる様に本記事を書きました。
最後まで読んでいただければ、使える様になるかと思います!

sublコマンド実行まで

指定したファイルをSublime Textで開きたい、そんな願いを叶えてくれるのがsublコマンドです。
sublコマンドはSublime Textをインストールするだけで使えるは使えます。

※本記事は、Sublime Text3での話となります。

/Applications/Sublime\ Text.app/Contents/SharedSupport/bin/subl [対象のファイル名]

ですが、鬱陶しいのでシンボリックリンクを貼ります。

sudo ln -s /Applications/Sublime\ Text.app/Contents/SharedSupport/bin/subl /usr/bin/subl

するとこんなエラーが。

ln: /usr/bin/subl: Operation not permitted

ん、おかしいなぁ。

どうやら、El Capitanでは/usr/bin/sublではなく/usr/local/bin/sublに対して貼るらしいです。

sublime symlink disappeared after upgrading to El Capitan

sudo ln -s /Applications/Sublime\ Text.app/Contents/SharedSupport/bin/subl /usr/local/bin/subl

これで無事に通りました。

次回からは

subl [対象のファイル名]

でsublimeで対象ファイルが開きます!

Enjoy Sublime Life!

誰かのお役に立てば。

Twitterフォローお願いします

毎日技術ブログを更新しています。

「次回以降も記事を読んでみたい!」
「この辺分からなかったから質問したい!」

そんな時は、是非@daiki1003のフォローお願いします♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました