【Flutter/Codemagic】App Store Connectへの送信時に自動でTestFlightにも配布する

Dart

概要

どうも、@daiki1003です!

いやー、Codemagic便利ですよね!

今日はそんなCodemagicで、TestFlightの申請までの自動化を
たった2ステップで行う方法について解説しようと思います。
それでは早速行ってみましょう!

前提

App Store Connectへのpublishまでに関しては
また記事にしようと思いますが、今のところは他の記事を参考に進めてくださいね!

リリースノートの準備

Passing release notes
How to publish build release notes using the Flutter workflow editor

TestFlight申請の際に、リリースノートが必要になります。
これを以下3つのいずれかの方法で追加します。

1. release_notes.txtを追加
2. release_notes_ja.txtなどローカライズごとにファイルを追加
3. release_notes.jsonを追加

追加場所はいずれもプロジェクトのルートディレクトリ、またはCodemagicProject Pathに設定した場所です。

それぞれ順に見ていきましょう。

release_notes.txtを追加する

リリース内容を記したテキストファイルを用意します。

release_notes_ja.txtなどローカライズごとにファイルを追加

ローカライズしたい場合はローカライズ毎にリリース内容を記したテキストファイルを用意します。
なお、利用可能な言語はiOS及びAndroidで異なるのでご注意を。

release_notes.jsonを追加

[
    {
        "language": "en-GB",
        "text": "British English release notes text"
    },
    {
        "language": "en-US",
        "text": "The US English release notes text"
    }
]

この様な形式のリリース内容を記したjsonファイルを用意します。
個人的にはこれが一番楽かなーと思ってたりします。

Codemagicでの設定

App Store Connect
How to deploy a Flutter app to App Store and TestFlight using the Flutter workflow editor

ここまで出来たらもうあとはクリック芸です。

ワークフローで、

Distribution > App Store Connectと展開する。
Submit to TestFlight beta reviewDistribute to beta groups
にチェックを入れる。

そして、対象のβテスターのグループ名を書くだけです!
複数グループに送りたい場合はEnterを押せば確定されるので続けて入力しましょう。

これでいつも通り、ビルドすればTestFlightの申請までを自動で行ってくれるはずです!

誰かのお役に立てば。

Twitterフォローお願いします

「次回以降も記事を読んでみたい!」
「この辺分からなかったから質問したい!」

そんな時は、是非Twitter (@daiki1003)Instagram (@ashdik_flutter)のフォローお願いします♪

Twitterコミュニティ参加お願いします

Twitterコミュニティ「Flutter lovers」を開設しました!
参加お待ちしております😁

☕️ Buy me a coffee

また、記事がとても役に立ったと思う人は
コーヒーを奢っていただけると非常に嬉しいです!
@daiki1003

コメント

タイトルとURLをコピーしました